トップページ > 東京都

    このページでは東京都の不動産の査定相場が比較できるおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「東京都にある不動産の査定相場が比較できるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたが所有している物件を高く売るために大切なことは、「東京都にある複数の不動産会社に査定の依頼をして査定相場を調べた上で高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、東京都にある複数の不動産会社からの査定相場を比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので東京都にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトに比べて結構新しいサービスにはなりますが、加盟している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    しかも、実際に使ってみたユーザーからの苦情が多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評価の悪い不動産会社は排除できるので、評判の良い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    大手は勿論地域に根付いた不動産会社まで広範に提携している為、「自分が持っている東京都の不動産をできるだけ高値で売却したい」と考えているのならおススメしたい一括査定サービスです。

    必要事項を入力するのも1分程度で査定の申し込みができるほどシンプルになっていて、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。もちろん、東京都に対応しており無料で利用できます。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者数が増加すると推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを始めてから運営実績10年以上で、400万人以上の方が利用している不動産売却査定サービス。
    数年に亘る実績があるので、登録している不動産会社の数も業界最多の1000社以上で、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。勿論、悪徳企業は徹底排除。

    数年来の不動産売却でできたネットワークを活用し、選ばれた評判の良い不動産会社だけを登録しているのです。大手の不動産会社はもちろんのこと、地域密着型の不動産会社まで査定価格を比べることができるので、東京都の不動産の市価を知っておくためにも利用しておきたいサービスです。

    公式サイトでは実際に不動産の高価売却に成功した利用者の感想と査定価格も掲載されているので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サイト。
    個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークを取得している企業なので安心できます。利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社の中から最大6社に東京都の不動産査定を依頼する事が可能です。

    「不動産の売却は企業によって百万単位の差があるって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、一社だけでなく沢山の不動産会社に査定申込が出来る不動産一括査定サイトを活用してください。公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでお勧めのサービスです。

    スマイスターを利用して不動産会社と契約した後に、10分程度の電話取材に応じると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも行っています。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としたマンション売却の査定サービス。
    マンション査定のために必要な入力をするのも最短45秒程度で完了するし、インターネットで自宅から査定依頼をする事が可能です。

    分譲マンションの売却を専門とするサイトなので、東京都で所有しているマンションの売却に強い会社が集まっており、大手や地域の不動産会社の登録企業700社以上の中から厳選した不動産会社を最大9社紹介して貰えます。
    利用者数も360万人を超え、数多くのメディアでも取り上げられるほどの人気のサービスなので、「東京都で自分が持っているマンションをできるだけ高値で売却したい」と思っている場合は活用してみて下さい。

    それから、他の査定サイトとの違いでは賃貸査定もしてもらえるので、「数年間マンションから出るけど、いつかまた住むので売りたくない」と考えている人にもおススメのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サービス。
    2001年にサービスを開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、15年以上の運営歴があるので安心感があります。

    長年の不動産売却の実績から悪質な不動産会社を排除しているところもおすすめできる理由です。提携業者は約900社の優良会社が登録しており、一度に最大6社の不動産会社が査定概算価格を提示してくれます。

    「東京都にある不動産をできるだけ高く売却したいから査定相場をチェックしたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」ということなら、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめ。東京都にある不動産の査定額相場を調べて高く売るために賢く利用したいサービスです。

    ※当サイトからの申し込みは停止しています。







    いざ家を売るとなると、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

    不動産業者に売却を依頼すると、仲介には手数料がかかります。

    売却額の3%に6万円と消費税を足したものを手数料として不動産業者に支払うわけです。

    それから司法書士への報酬、領収書等に貼る印紙税、そのほかにも費用がかかる場合もあります。

    つまり売値というものは諸経費等を勘案した上で決めるべきです。

    うまく買手が見つかって売買契約を交わすと最終的に所有権移転手続きをしますが、物件の住所と売手の現住所が異なる際は、住所変更登記のために、住民票と印鑑証明書が必要ですが、氏の変更や転居の回数によっては別途書類が必要です。

    なんでも早めに用意しておくのが良いといっても、どちらも使える期限というものがありますから、必要なときに失効していたらたいへんです。

    書類に記載されている発行日から3ヶ月が有効期限です。

    完成済の新築物件や中古住宅、マンションの専有部分をじっくり見学できるように開放しているのをオープンハウスといいます。

    立地や周辺環境もわかりますから、もし家を売るとなったら何日間かオープンハウスを開催して関心を持ってくれた人たちに見学してもらうというのはいかがでしょう。

    もし居住中でしたら、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、売り手が生活感が出ている家を気恥ずかしく思うのとは裏腹に、購入希望者としては自分たちが住んだ時のイメージが湧きやすいという利点があります。

    物件が売れるまで待つのか、それとも、先にやってしまうのか、一戸建てに住んでいても、マンションに住んでいても、引越しを行うタイミングの良し悪しはどちらも一長一短だといえます。

    手元に資金がない場合には、物件を売却してから新居探しをすると、検討に時間をかけられるかもしれません。

    しかし、売却時点で新居が決まっていない場合、仮住まいに住むこととなり、引っ越しの費用が二回分かかります。

    仮住まいや引越しといったことを面倒と感じる場合には先に引越しですが、新居のための資金を確保しておく必要があります。

    住宅ローンが残っている家を売る際には、売ろうとする以前にローンを完済することが大前提となります。

    不可能であれば、債権者(金融機関)と話し合い、条件をつけた上で任意売却を認めてもらうようにします。

    債務者本人がこうした手続きを滞りなく済ませるのは難しいことから、弁護士や任意売却を専門にしている業者に相談し、債権者と交渉してもらう方が早いですし確実です。

    今、不動産業者もたくさんの数がありますから、何社から査定を受けるのがベストなのかと悩んでしまう方も多いでしょう。

    人によっても違いますが、最低でも三社には依頼を出してください。

    一、二社では比較もできませんし相場も分からないので、もしかしたら、相場以下の見積もりの業者を選ぶ羽目になります。

    ただ、選択肢が多すぎると、かえって悩んでしまうでしょう。

    なので、はじめは三社程度に抑えておくのがベストです。

    仮に不動産売却で利益が出たなら、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。

    不動産の所有期間が5年を超える長期だった場合、譲渡所得税は所得税と住民税がそれぞれ15%と5%の割合で請求されます。

    5年以下の場合は、短期の所有で課税率は2倍になってしまいます。

    いつ納付するかというのは、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、住民税の納付は4期に分けて行うことになっています。

    3000万円以下で不動産物件を売却した時には、所得税、及び、住民税の対象外となる嬉しい特例があるのです。

    どうしてかといえば、物件の価格のうちの3000万円は特別控除対象として認められているからになります。

    もし、住み替えなどで不動産物件を買い換えて、その際に、損失が発生した際には、全ての所得を合わせての損益通算が適用できるので、利用しない手はないでしょう。

    しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件を継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。

    自力で売るのではない限り、不動産物件売却にあたっては、数ある中から不動産会社を選び、媒介契約をします。

    この契約は条件が違う3種類があり、専属専任媒介契約が一番制約に縛られることになるでしょう。

    不動産業者との専属専任媒介契約では、契約期間中は他社からの仲介を受けられなくなるのです。

    もし、専属専任媒介契約を結んでから、自力で買い手をみつけられても、当事者同士で勝手に契約することはできないため、絶対に不動産会社の仲介を挟むことになり、損をするケースもあるでしょう。