トップページ > 東京都

    このページでは東京都の不動産の査定相場が比較できるおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「東京都にある不動産の査定相場が比較できるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたが所有している物件を高く売るために大切なことは、「東京都にある複数の不動産会社に査定の依頼をして査定相場を調べた上で高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、東京都にある複数の不動産会社からの査定相場を比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので東京都にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトに比べて結構新しいサービスにはなりますが、加盟している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    しかも、実際に使ってみたユーザーからの苦情が多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評価の悪い不動産会社は排除できるので、評判の良い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    大手は勿論地域に根付いた不動産会社まで広範に提携している為、「自分が持っている東京都の不動産をできるだけ高値で売却したい」と考えているのならおススメしたい一括査定サービスです。

    必要事項を入力するのも1分程度で査定の申し込みができるほどシンプルになっていて、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。もちろん、東京都に対応しており無料で利用できます。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者数が増加すると推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを始めてから運営実績10年以上で、400万人以上の方が利用している不動産売却査定サービス。
    数年に亘る実績があるので、登録している不動産会社の数も業界最多の1000社以上で、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。勿論、悪徳企業は徹底排除。

    数年来の不動産売却でできたネットワークを活用し、選ばれた評判の良い不動産会社だけを登録しているのです。大手の不動産会社はもちろんのこと、地域密着型の不動産会社まで査定価格を比べることができるので、東京都の不動産の市価を知っておくためにも利用しておきたいサービスです。

    公式サイトでは実際に不動産の高価売却に成功した利用者の感想と査定価格も掲載されているので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サイト。
    個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークを取得している企業なので安心できます。利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社の中から最大6社に東京都の不動産査定を依頼する事が可能です。

    「不動産の売却は企業によって百万単位の差があるって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、一社だけでなく沢山の不動産会社に査定申込が出来る不動産一括査定サイトを活用してください。公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでお勧めのサービスです。

    スマイスターを利用して不動産会社と契約した後に、10分程度の電話取材に応じると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも行っています。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としたマンション売却の査定サービス。
    マンション査定のために必要な入力をするのも最短45秒程度で完了するし、インターネットで自宅から査定依頼をする事が可能です。

    分譲マンションの売却を専門とするサイトなので、東京都で所有しているマンションの売却に強い会社が集まっており、大手や地域の不動産会社の登録企業700社以上の中から厳選した不動産会社を最大9社紹介して貰えます。
    利用者数も360万人を超え、数多くのメディアでも取り上げられるほどの人気のサービスなので、「東京都で自分が持っているマンションをできるだけ高値で売却したい」と思っている場合は活用してみて下さい。

    それから、他の査定サイトとの違いでは賃貸査定もしてもらえるので、「数年間マンションから出るけど、いつかまた住むので売りたくない」と考えている人にもおススメのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サービス。
    2001年にサービスを開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、15年以上の運営歴があるので安心感があります。

    長年の不動産売却の実績から悪質な不動産会社を排除しているところもおすすめできる理由です。提携業者は約900社の優良会社が登録しており、一度に最大6社の不動産会社が査定概算価格を提示してくれます。

    「東京都にある不動産をできるだけ高く売却したいから査定相場をチェックしたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」ということなら、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめ。東京都にある不動産の査定額相場を調べて高く売るために賢く利用したいサービスです。

    ※当サイトからの申し込みは停止しています。







    マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと2、3年程度の築浅を境に10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

    ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは売値にそれほどの変化は見られません。

    また、軽減税率や居宅の買換え特例を適用する条件は、所有期間が10年超となっていますから、買い替え、売却等を予定しているのであれば、築10年を超えたあたりがベストということになります。

    値上がりは地価が上昇しない限りは見込めません。

    ソーラー発電システムを備えた家の売却では、ソーラーパネルはどのような扱いになるのでしょうか。

    結論から言いますと、ソーラーパネルはそっくり引越ししても構いません。

    しかしながら撤去にも据付にも費用はつきものですし、置いていく人のほうが多いようです。

    設置で助成金を受けている場合は、手放す際も面倒な手続きを踏まなければいけませんが、新しい住まいに設置可能な場所がなければ元も子もないですし、放棄するよりないです。

    いざ家を売るとなると、予想外に費用がかかるものです。

    たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、もれなく仲介手数料が必要になります。

    手数料は法律で決まっていますが、売却額が1800万円でしたら65万円を不動産業者に対して支払います。

    それと司法書士へ支払う登記費用等一式、印紙代などの実費も必要です。

    よって必要経費を考慮した上で売却額を決めるべきです。

    不動産査定を行う際に注意していただきたいのが、悪徳業者の存在です。

    他社の査定結果よりあまりに高額の結果を出す業者は、甘い言葉で騙そうとする悪徳業者かもしれないため、警戒した方がいいかもしれません。

    このように、悪徳業者が見分けやすいのも不動産会社に一括査定を依頼する良さだと言えるでしょう。

    あるいは、その査定額になった理由を尋ねても、答えられないような業者は悪徳業者である可能性が高いです。

    不動産の売却に関しては信頼できる業者を選びたいものです。

    おススメの方法は、ネットの一括査定サイトを使います。

    複数の業者から結果が送られてきたら、信用できそうな不動産仲介業者に不動産の実物を見てもらう訪問査定を依頼します。

    その時に、査定結果のポイントや、分からない点などを質問した時、納得できる答えをくれる業者であれば、信用できると思います。

    反対に査定額が高額であろうとも、こちらが素人だからと質問にも適当に答えたり、何度も契約を迫ってくるところは選択肢から除外しましょう。

    マンションが売れない理由として考えられることをいくつか挙げてみます。

    まず、他のマンションと見比べてみた場合に割高でお得感がないこともあるでしょう。

    価格が原因なら、内覧会時の客数も少ないでしょう。

    早急に価格の見直しをしなくてはいけません。

    次に、不動産会社がマンションの宣伝を怠けている事例です。

    これを防ぐためにも、仲介契約をする時には、レインズに登録しているかどうか確認しておきましょう。

    不動産売却で利益を得た人は、譲渡所得税が課税されるケースがあります。

    売主の所有していた期間が5年を超える不動産だった場合、譲渡所得税は所得税が15%、住民税が5%という税率で賦課されます。

    5年以下の場合は、短期の所有で倍の税率で課せられます。

    支払いはいつ行うかというと、所得税と住民税で異なり、所得税が売却の翌年の2月16日から3月15日までの間に一括払いで、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。

    不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙代が必要になります。

    契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、売価次第で数十万円に上ることもあります。

    その上、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、いずれも印紙代を負担しなければなりません。

    しかし、この時は先ほどの基準とは別の段階別税額が定められていますから、注意を怠らないでください。

    不動産売却の際の名義変更においては、売り主の方は、登記済権利証はもちろん、取得してから3か月以内の印鑑証明書を必要です。

    決済が行われたら、その日にすぐ、名義変更も法務局に行って手続きしなくてはいけません。

    名義変更を行う時には、印鑑証明書の発行費以外に、登記事項証明書代、及び、登録免許税がかかることを覚えておいてください。

    税額としては、固定資産税の1000分の4になるのが、登録免許税です。