トップページ > 新潟県

    このページでは新潟県の不動産の査定相場が比較できるおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「新潟県にある不動産の査定相場が比較できるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたが所有している物件を高く売るために大切なことは、「新潟県にある複数の不動産会社に査定の依頼をして査定相場を調べた上で高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、新潟県にある複数の不動産会社からの査定相場を比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので新潟県にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトに比べて結構新しいサービスにはなりますが、加盟している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    しかも、実際に使ってみたユーザーからの苦情が多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評価の悪い不動産会社は排除できるので、評判の良い不動産会社だけを残していけるシステムになっています。

    大手は勿論地域に根付いた不動産会社まで広範に提携している為、「自分が持っている新潟県の不動産をできるだけ高値で売却したい」と考えているのならおススメしたい一括査定サービスです。

    必要事項を入力するのも1分程度で査定の申し込みができるほどシンプルになっていて、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。もちろん、新潟県に対応しており無料で利用できます。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者数が増加すると推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを始めてから運営実績10年以上で、400万人以上の方が利用している不動産売却査定サービス。
    数年に亘る実績があるので、登録している不動産会社の数も業界最多の1000社以上で、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比べる事ができます。勿論、悪徳企業は徹底排除。

    数年来の不動産売却でできたネットワークを活用し、選ばれた評判の良い不動産会社だけを登録しているのです。大手の不動産会社はもちろんのこと、地域密着型の不動産会社まで査定価格を比べることができるので、新潟県の不動産の市価を知っておくためにも利用しておきたいサービスです。

    公式サイトでは実際に不動産の高価売却に成功した利用者の感想と査定価格も掲載されているので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サイト。
    個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークを取得している企業なので安心できます。利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社の中から最大6社に新潟県の不動産査定を依頼する事が可能です。

    「不動産の売却は企業によって百万単位の差があるって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、一社だけでなく沢山の不動産会社に査定申込が出来る不動産一括査定サイトを活用してください。公式サイトでは45秒ほどの簡単入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでお勧めのサービスです。

    スマイスターを利用して不動産会社と契約した後に、10分程度の電話取材に応じると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンも行っています。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としたマンション売却の査定サービス。
    マンション査定のために必要な入力をするのも最短45秒程度で完了するし、インターネットで自宅から査定依頼をする事が可能です。

    分譲マンションの売却を専門とするサイトなので、新潟県で所有しているマンションの売却に強い会社が集まっており、大手や地域の不動産会社の登録企業700社以上の中から厳選した不動産会社を最大9社紹介して貰えます。
    利用者数も360万人を超え、数多くのメディアでも取り上げられるほどの人気のサービスなので、「新潟県で自分が持っているマンションをできるだけ高値で売却したい」と思っている場合は活用してみて下さい。

    それから、他の査定サイトとの違いでは賃貸査定もしてもらえるので、「数年間マンションから出るけど、いつかまた住むので売りたくない」と考えている人にもおススメのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する国内最大規模の不動産の一括査定サービス。
    2001年にサービスを開始した日本初の不動産の一括査定サイトで、15年以上の運営歴があるので安心感があります。

    長年の不動産売却の実績から悪質な不動産会社を排除しているところもおすすめできる理由です。提携業者は約900社の優良会社が登録しており、一度に最大6社の不動産会社が査定概算価格を提示してくれます。

    「新潟県にある不動産をできるだけ高く売却したいから査定相場をチェックしたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」ということなら、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめ。新潟県にある不動産の査定額相場を調べて高く売るために賢く利用したいサービスです。

    ※当サイトからの申し込みは停止しています。







    住宅を売却する際は、売るための費用というのは思ったよりかかります。

    一般に不動産会社を通じて売却すれば、どんな物件でも仲介手数料が必要になります。

    手数料は法律で決まっていますが、売却額が1800万円でしたら65万円を不動産業者に対して支払います。

    また司法書士に支払う所有権移転登記等の費用、印紙代などの実費も必要です。

    よって必要経費を考慮した上で売却額を決定するわけです。

    最近ではサラリーマンでもおなじみの確定申告は、前年の1月から12月までの所得から税額を自己申告するためにあります。

    会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、実際の納税額との差を調整(還付または納税)するためのものです。

    資産を譲渡して得た収入は所得とみなされますから、住宅売却で得た利益も申告対象に含まれます。

    購入後5年以内に売却した場合の税率は約40%にもなり、それ以降に売っても所得税15%に加え住民税も5%かかってくるため、負担が大きいことはたしかです。

    来客を迎える心構えとでもいうのでしょうか。

    自宅を売ろうとする際に大切なことは、突然これから内覧したいという人が現れても慌てないために、いつでも備えておくことでしょう。

    家の内部を見たいと申し出てくる人は、興味があってやってくるわけです。

    でも、雑然としていたり汚れていたりしたら、到底買う気が起きないでしょう。

    というわけでお部屋の掃除は今までにも増して丁寧に、そしてマメにしておいて損はありません。

    大抵は、不動産の任意売却の話を耳にすると、メリットが強調される傾向がありますが、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。

    競売などの強制売却方式ではなく、あくまで任意で売却を行うので、いくつかの手続きを行わなくては売却ができません。

    金融機関との話し合いや交渉、手続きは絶対にしなくてはいけないですし、内覧会への立ち会いなども必要なので、相当な負担を強いられることを覚悟せねばなりません。

    さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、買い手がつかないことも珍しくありません。

    査定に来た業者の説明を聞いていると、うっかり聞き逃してしまうことが多いのですが、どの位で売れるかということ以外に、必要経費を引いたあとの残額、すなわち手取りがいくらになるのかは明白にしておきましょう。

    売る際に必要になる経費は、売買を仲介した会社に支払う仲介手数料や書類作成費、測量費、印紙税、そして最後に譲渡所得税が賦課されます。

    譲渡所得税というのは条件によって税率が違ってきますし、不安に感じるようでしたら税理士の意見を聞いたほうが安心ですし、可能なら不動産業者と話す際に一緒にいてもらえるかどうか聞いてみるのも良いでしょう。

    家(一戸建て)を売却し、得たお金から売却するのにかかった諸経費や、最初の購入費を差し引き、残ったお金が譲渡所得と呼ばれるもので、譲渡所得税の課税対象となるのは、このお金に対してです。

    その税率はというと、その物件を所有していた年数が5年以下(短期譲渡と言います)の場合と長期譲渡(所有年数が5年以上)とで変わってきます。

    長期譲渡の方が、低い税率になるのです。

    また、物件がなかなか売れず経費がかさんでしまったり、その他もろもろの事情でマイナスになってしまい、むしろ譲渡損失となってしまうことがあります。

    この場合は長期譲渡の場合だけですが、その損失の損益通算と繰越控除の特例が受けられます。

    もしも、不動産物件が売れた時の価格が3000万円を超えなかったら、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

    売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。

    また、もし、買い換えで売却価格が安すぎて売却損が出たら、総所得を合わせて計算し、損益通算の適用を受けられるので、損失を少しは取り戻せるかもしれません。

    ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年超えで所有しており、さらに、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。

    さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙税がかかります。

    印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、高額な売買であれば数十万円も覚悟しなければなりません。

    そして、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、それぞれの契約書に印紙税が課税されてしまいます。

    けれども、このケースでは先ほどのケースとは異なる基準で税額が決定するので、注意を怠らないでください。

    ちょっとでも購入費を浮かせたいのが買手の忌憚のない意見ですから、初期設定の売価で不動産物件の売却が成立するのはあまりなく、資金が足りないから下げてくれないかと価格交渉される取引がほとんどでしょう。

    こういう場合は、向こうの購入目的が判断材料の一つになります。

    新居になる場合、検討する際の熱意も違いますから、熟慮して申し入れていることがほとんどで、いわれるがままに交渉に応じなくても、売却が成立する公算が大きいです。